投稿記事のURLが変更になりました。ブックマークに保存されている方は新しいURLに変更をお願いします。20220904

スクリプト(script)って何?

プログラミング
この記事は約3分で読めます。

こんにちは takaです。

コンピュータを使っていると、プログラミングやらアルゴリズムやらいろいろな言葉が出てきます。そしてよく聞くけど結局なんなの?という言葉にスクリプト(script)という言葉があります。

教育現場で使う事は少ないかもしれませんが、実はとっても実用的で日常的に使用する事ができる便利な言語なんです。

今回は簡単にスクリプトについて書いてみたいと思います。

この記事を書いた人
 taka
女子高校生の娘がいる在宅ワーカー
1995年のWindows95発表以来、暇さえあればインターネットで情報収集をしている。
教育現場でのICT活用に携わった経験をもつ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プログラムの処理の流れ

スクリプトの説明の前に、プログラムがコンピュータの中でどのように処理されているか簡単に説明したいと思います。

プログラムにはいろいろな言語があり、目的によって使い分けています。コンピュータはプログラミング言語が理解できないため、インタプリタコンパイラと呼ばれるソフトウェアで、1と0の2進法で書かれた機械語に翻訳されます。

インタプリタやコンパイラはプログラミング言語に合わせて専用のものを使用します。

すでにいろいろな言葉がでてきてしまいましたが、簡単には以下の図のようになります。

スクリプトとは?

スクリプトは簡単なプログラムが実行できる言語ですが、ユーザー自身が翻訳作業を意識することなく、記述した内容をコンピュータで実行できます。

Windowsに標準で添付されている、コマンドプロンプトPowerShellでも簡単な処理を実行する事ができます。

Windows コマンドプロンプトスクリーンショット
Windows PowerShell スクリーンショット

スクリプト言語には以下のような種類があります。

スクリプト言語の一例
  • Perl Webサーバー側の処理で活用される
  • Ruby 日本で開発された言語 Webアプリ開発で使われる
  • PHP Webサービスの開発で需要が高い
  • python 自動処理、業務効率化が得意

コマンドプロンプトやPowerShellで出来る事

ネットワークの疎通の確認、フォルダ名やファイル名の取得、フォルダ名やファイル名の一括変更、不要な文字の削除、バッチファイルの作成等、知っていると便利なコマンドが沢山あります。

コンピュータに指示を出す英単語のまとまりを、コマンドプロンプトではコマンド、PowerShellではコマンドレット(cmdlet)と言います。

コマンドの記述方法にはルールがあるので、少しずつ内容にも触れていきたいと思いますが、コードの記述方法がプログラミング言語ほど難しくないので、プログラミング初心者やコードがわからなくても比較的取り組みやすい言語になります。

まとめ

最後にまとめになります。

  • スクリプトとは簡単なプログラムが実行できる言語の事
  • 翻訳作業を意識せずにすぐに実行できるのでプログラミング初心者でも取り組みやすい
  • Windowsユーザーであれば無料で使用できる環境がある

こちらの記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

参考文献

コメント

タイトルとURLをコピーしました